忍者ブログ
上田竜也溺愛(ロバ丸偏愛)で中間淳太応援中。 hyde崇拝。 マンガもアニメも大好きな管理人が、日々萌えを求めて綴る気まま日記。
[535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと見てきましたーー仕事帰りにw

もう見に行けんかと思ってたよ。




体育館ベイビーを先に見てたから、全く期待もせずに気楽に見させていただきました(笑


…こっちのが全然良かったよ。

まぁ、普通に見れたってとこですが。



あらすじを読んだ時点でストーリーはもちろんのことオチまで予想できちゃったけど、それでもホロリときました。

だって死ネタには弱いから(苦笑




物語が基本メールの文章で進んでくから、演技の上手い下手がわかりにくい。

優一くんもセリフ回しはイマイチやけど、イイ表情はするな~って思った。



体育館ベイビーと同じ場面やセリフ、状況が出てくるのが面白いよね。やっぱり。

でもストーリーは違うもの。

何て言うのかな。ゲームみたい?

そこでAかBかを選ぶことによって違う方向に進んでいく。

それは日常でも言えることなんやろうけど、映画でそれをすると余計にね。




内容に関しては。

泣いといてなんやけど、中々残酷なストーリーやと思う。

死ネタは難しいのよね。

救われないから。

それでも納得できる、昇華できるものなのか。

でなければ一生背負っていかなければならない。それだけのキモチは欲しい。


だから潤のキモチの生き場のなさや、やる瀬なさが可哀相で。

死んでから正体明されて、どうしようもないのに。

でも死が間近な状態で、ジュンの正体を明かして嫌われるのも辛いものね。

死んでしまったからこそ潤が先輩のことも素直に受け止めれた部分はあるのかもしれない。




そんな感じです。

こういうマイナー系の映画でも経験になるし、将来に繋がってけばイイ。

優一くん的には目下は月9ですねw
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
あめ
10月27日生まれ。
大阪出身在住。

下のパンダから詳しいプロフが見れます。
お暇な方は覗いてみて~w

お気軽にメールください。
リンクのMAIL画よりどうぞw
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[12/09 けいこ]
[09/10 けいこ]
[07/18 kayo]
ブログ内検索
バーコード
最新記事
素材サイト様







忍者ブログ [PR]